こだわらないのが唯一のこだわり。

こだわらないのが唯一のこだわり…そんなブログ。

運転免許証を返還する自主返納手続きで運転経歴証明書を取得する方法。お得な特典も満載の制度とは!?

f:id:t-konishi4976:20170417203757p:plain

 どうも、所長です。所長 (@konitak4976) | Twitter

 

先日書かせていただいたコチラの記事。

 

簡単に言うと「高齢者になると車の運転が危険だから免許証を返納しょう」っていう話なのですが、 その中でご紹介した『運転免許自主返納(運転免許の申請取消し)』という制度についてお話したいと思います。

 

 

【目次】

 

 

 

 

 

運転免許自主返納制度とは

『運転免許自主返納(運転免許の申請取消し)』は平成10年4月から始まった制度で、高齢化に伴って年々増加する高齢者の運転による自動車事故を抑制するため、運転免許証を自主的に返納してもらうように促すために制定されました。

 

しかし単に運転免許証を返納するだけでは、せっかく取得した資格を失ってしまうだけになってしまうので返納者に対してメリットがありませんよね。

 

そこで考えられたのが、「運転経歴証明書」という過去の運転履歴を記載した身分証としても利用可能な証明書の発行と、公共交通機関の利用やお店での商品購入時の割引など様々な特典が受けられるというサービスです。

 

こうして運転免許を返納することで得られるメリットも準備しておくことで、高齢者が快く自主返納してくれるような制度になっています。

 

 

運転免許自主返納の手続き方法

運転免許証の自主返納は以下の場所で手続きを行うことができますが、注意点がいくつかあるので事前に確認しておきましょう。

 

返納場所

  • 運転免許試験場
  • 住所地を管轄する警察署

持ち物

  • 運転免許証(有効期間内のもの)

  ※免許証の有効期間が失効した場合は自主返納手続きができません。

申請者

 ※代理申請が可能な場合もありますので事前に確認しましょう。

費用

  • 無料

自主返納ができない人

 

 

 

 

 

運転経歴証明書とは

f:id:t-konishi4976:20170418231015g:plain

 

運転経歴証明書』とは、運転免許証を自主返納した方が任意で発行することができる証明書のことで、過去の運転経歴を証明することができます。

平成24年4月1日以後に交付された運転経歴証明書であれば、運転免許証と同様に身分証明書としての利用が可能であるため、銀行口座の開設など身元確認が必要なシーンで重宝されます。

 

また『高齢者運転免許自主返納サポート協議会』という協会に加盟している企業を利用する際、運転経歴証明書を提示することで商品やサービスの代金を割り引いてくれるという嬉しい特典もあります。

また無期限で使用することができ、紛失した場合は再交付も可能です。1000円程度で手に入れることができますので、運転免許の自主返納時には是非とも同時に申し込んでおくことをおすすめします。

 

 

運転経歴証明書の申請方法

運転経歴証明書の申し込みは以下の場所で行うことができますが、注意点がいくつかあるので事前に確認しておきましょう。

 

申請場所

  • 運転免許試験場
  • 住所を管轄する警察署

持ち物

  • 運転免許証(自主返納と同時に申請する場合)
  • 運転免許申請取消通知書(自主返納を先に済ませている場合)
  • 写真(縦3センチメートル、横2.4センチメートル)
  • 交付手数料1,000円
  • 身分証明書(自主返納を先に済ませている場合)

申請期間

  • 運転免許を自主返納した日から5年以内

 ※自主返納手続きと同時に済ませておくのがオススメです。

申請者

  • 本人(自主返納者)

運転経歴証明書が交付できない人と場合

  • 免許の取消し、停止等の行政処分対象者
  • 初心運転者講習の対象者
  • 免許証の有効期間が失効している

 

 

 

 

 

運転免許自主返納制度の特典

運転経歴証明書を発行することの最大のメリットは、『高齢者運転免許自主返納サポート協議会』という協会に加盟した企業から色んなサービスを提供してもらうことができることでしょう。

例えば交通機関の利用が割引になったり、商品の購入金額が割引になったりとかなりお得なサービスがたくさんありますので、是非一度ご自身が住まわれている地域で『高齢者運転免許自主返納サポート協議会』に加盟している企業の特典を調べてみることをおすすめします。

 

以下には東京都の『高齢者運転免許自主返納サポート協議会』に加盟している企業と、その特典の一部をピックアップしてみました。

 

【加盟企業・団体の特典一覧】

  • 日本通運株式会社首都圏支店: 引越の通常料金の10パーセント割引
  • 東京シティ信用金庫 :「免許証返納定期」(スーパー定期預金)店頭金利+0.15パーセント優遇(継続後は店頭金利)預入単位10万円以上1,000万円未満
  • 帝国ホテル東京:帝国ホテル直営レストラン・バーラウンジ10パーセント割引
  • イオン:イオンの電子マネーWAON」のWAONカードを無料で1枚進呈
  • 三越伊勢丹:ご自宅への配送無料
  • 株式会社セブン・イレブンジャパン:都内限定、宅配サービスによる商品配達時、運転経歴証明書を提示するとセブンプレミアムポテトサラダ1個をプレゼント
  • セコム:位置情報・現場急行サービス(ココセコム)加入料金1,000円割引
  • はとバス:定期観光のコース料金5パーセント割引
  • 浅草ROXまつり湯:大人2,700円を1,350円(土、日、祝日、特定日はプラス324円)
  • 明治座: ご入場券代10パーセント割引(一部対象外公演あり)
  • 東急自動車学校:入校者をご紹介の方にクオカード2,000円分プレゼント紹介でご入校の方に入校時割引あり
  • デザイン仏壇コーディアル:仏壇・仏具等10パーセント割引
  • ピザーラ:期間限定でサイドオーダーをサービス
  • 伊藤園伊藤園専門店直営物販店舗店頭商品を表示価格から10パーセント割引
  • ダイワサイクル:電動自転車5,000円割引一般自転車2,000円割引自転車購入で自転車ヘルメット10%割引
  • メガネドラッグ:メガネ10パーセント割引・補聴器5パーセント割引
  • ビックカメラ:メガネ・補聴器ご購入時10パーセント割引
  • 紳士服コナカ:店内全品5パーセント割引

出典:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/

 

これは一部を抜粋しただけで、他にもまだまだ多くの企業が割引や特典を用意しています。是非一度『高齢者運転免許自主返納サポート協議会+お住まいの地域』で検索してみてください。

 

 

まとめ

私の父親もそうでしたが、ただ単に「運転が危ないから免許を返納しよう」と言ったところで、本人はまだまだ運転できる自信を持っていたり、せっかく取得した資格をただ手放すなんて勿体ないと思っていたりします。

 

しかし高齢になってから運転することの危険性や、逆に免許を返納することのメリットをしっかりと伝えてあげれば、多くの高齢者はしっかり納得して免許の返納に応じてくれるのではないでしょうか。その説得材料の一つとして、この『運転経歴証明書』を活用していただくことを強くおすすめします。

 

ではでは٩( ''ω'' )و

 

www.conilabo.com