こだわらないのが唯一のこだわり。

こだわらないのが唯一のこだわり…そんなブログ。

私がユニクロのベリーショットソックス(メンズ)をヘビロテする3つの理由!!アンクルソックス(くるぶしソックス)No.1だと思う件

f:id:t-konishi4976:20170409123420j:plain

 どうも、所長です。所長 (@konitak4976) | Twitter

 

さて、春になり徐々に気温が上がってくると、それに伴って着ているファッションも少しずつ薄着になったり袖や丈の短い物を選びやすくなりますよね。

例えば、くるぶしを出した丈の短めなパンツを選んだり、夏場になればハーフパンツを履いたりと、これからの季節なにかにつけ足首が露出するファッションを選択しがちに鳴ることでしょう。

 

そんな時に重要なアイテムが『アンクルソックス(くるぶしソックス)』ですよね。

 

「足首をスッキリ出したいけど、靴が臭くなるから裸足で履きたくない…」

そんな要望にしっかり応えてくれるのがアンクルソックス(くるぶしソックス)なわけですが、ここ数年私がず~っとヘビロテしているアンクルソックス(くるぶしソックス)があるんです。それがコチラ!!

 

ユニクロ『パイルベリーショットソックス』

www.uniqlo.com

 

この『パイルベリーショットソックス』が良すぎて、仕事でもプライベートでも、夏でも冬でも、ず~っとこれを履いています。

 

ってことで、今日はこのユニクロのパイルベリーショットソックスの魅力を余すところなくお届けしたいと思います!!

 

 

【目次】

 

 

 

 

 

1.絶妙なカット位置

アンクルソックス(くるぶしソックス)にとっての命は、履き口のカット位置です。

f:id:t-konishi4976:20170409130304j:plain

可能な限りソックスを履いているように見せないよう履き口を浅くカットしているのですが、浅すぎるとかかと部分の引っかかりが悪くて脱げやすくなりますし、またカットが深すぎると靴からソックスがハミ出てしまうためカッコよくありませよね。

 

その絶妙なカット位置を誇るのが『パイルベリーショットソックス』です。

 

夏場に登場シーンが多いスニーカーを履く場合も、この通りほとんど目立ちません。

 

ビジネスシーンで履くことの多い革靴に合わせても目立ちにくいため、これから夏場に向かってクールビズが進むなかで、ビジネスカジュアルのアイテムとしてもおすすめかと思います。

 

 

 

 

 

2.履き心地が最高

アンクルソックス(くるぶしソックス)の多くは、なぜか生地が薄手のものが多いんですよね。恐らくは元々の素足ユーザーに向けた『より素足に近い状態で靴を履けるように』という配慮からだとは思うのですが、個人的には薄手の生地があまり好きじゃないんです。

 

薄手生地が嫌いな理由としては2つあって、「革靴やローファー系の底が硬い靴だと足裏が痛くなる」ということと、「汗を吸いにくいので蒸れやすい」ってことです。

まぁ~オシャレは常に何かを犠牲にするものなので仕方ないことかも知れませんが…

 

しかし『パイルベリーショットソックス』は、その名の通り裏地がパイル生地(タオル生地)になっているため、クッション性が高くメチャメチャ履き心地が良いんです。

 

 

また一般的なアンクルソックス(くるぶしソックス)よりも少し厚手なので、しっかり汗を吸収してくれる効果もあります。

 

これから夏に向けて暖かくなれば、レジャーシーズンですから外に出て歩き回ることも多くなるでしょう。その時にもクッションで足裏を守ってくれたり、かいた汗をしっかり吸収して靴を清潔に保ってくれたりと、パイル生地には良い事ばかりです。

 

 

 

 

 

3.多機能

さすがはヒートテックという大人気機能性商品を開発されているユニクロさんの商品というだけあって、『パイルベリーショットソックス』も実に多機能なんですよね。その隠された機能をご紹介しましょう。

 

通気性の確保

くるぶしを見せるためのソックスというだけあって、恐らくは暖かいシーズンに履くことを想定されているのでしょう。足の甲には通気性を確保するために少し薄手のメッシュ生地を採用しています。メッシュと言ってもガリガリカサカサするようなビニールっぽい感じではなく、サラッと肌触りも抜群。

 

重要な部分を補強

穴が開きがちなつま先部分は、足裏と同様に少し厚手のパイル生地を採用。また足裏同様につま先(指の間)は汗を多くかく部分ですから、しっかりと汗を吸収してくれそうですね。

 

防臭対策

靴下と言えば何といっても臭い対策。ユニクロさんお得意の乾きやすい素材を使用することで汗の蒸発を助け、また防菌・消臭対策もバッチリです。

 

かかとズレ落ち対策

アンクルソックス(くるぶしソックス)にとって最も大きな課題が『かかとのズレ落ち』です。ズレ対策がされていないソックスだと、履いているうちにかかと部分が徐々に靴の中にズレてきて気持ち悪い思いをします。しかしパイルベリーショットソックスはソックスの内側にシリコンゴムのような滑り止めが付いており、ズレ落ちをしっかりと防止してくれます。

 

ここまで多機能なソックスなので、普段履きだけでなくスポーツシーンでも利用が可能ですから、私も普段のランニングで使用しています。

 

 

 

 

 

おすすめのくるぶし出しファッション

『おまけ』ってことで、アンクルソックス(くるぶしソックス)を使ってできるであろう、おすすめの『くるぶし出しファッション』をご紹介していきましょう。

 

f:id:t-konishi4976:20170409134931j:plain

出典:海外のストリートスナップ・ファッションスナップ

ブラックデニムと黒革靴の合わせ技。

革靴ってビジネスシーンでしか使えないと思っている人が多いのですが、カジュアルアイテムの中で1点ポイントとして革靴を持ってくることで、カジュアルとシックが融合したなんともオシャレな雰囲気になります。

 

 

f:id:t-konishi4976:20170409135359j:plain

出典:海外のストリートスナップ・ファッションスナップ

先ほどの逆で、今度は足元だけをカジュアルなスニーカーにすることで、上下スーツを着たシックな装いに見せかけておいて、少しの遊び心を見せるという高等テク。

 

 

f:id:t-konishi4976:20170409135554j:plain

出典:海外のストリートスナップ・ファッションスナップ

ブルーデニムに白スニーカーはど定番中のど定番。

恐らくこの組み合わせは誰がやってもハマりますから、定番アイテムとしてひとつは持っておくといいでしょう。

 

 

f:id:t-konishi4976:20170409135701j:plain

出典:海外のストリートスナップ・ファッションスナップ

春先や秋口など、心地よい暖かさを感じる季節にピッタリのファッションですね。

朝晩の寒暖差があるので上には薄手のセーターやジャケットを着ていますが、暖かさを演出するために足元はロールアップしてくるぶしを出しています。まさに今のシーズンに持って来いの着こなし。

 

 

f:id:t-konishi4976:20170409135930j:plain

出典:海外のストリートスナップ・ファッションスナップ

丈が短めのサルエルパンツはくるぶし出しファッションに持って来いのアイテム。

一見するとパンツ以外はごく普通っぽく見えますが、良く見るとジャケットは麻っぽい生地で糸が(意図的に)たくさんほつれていますし、靴も普通の革靴じゃなくかかとにスタッズが入ったかなりパンクなアイテム。

 

 

まとめ

最近では昔のマイケルジャクソンを思い出させるような『白靴下』が流行り出しているらしいですが、私の年代だと『白靴下=小中学生=ダサい』っていうイメージが強くて、なかなかその波には乗れませんねwww

 

まぁ~何がともあれ、ユニクロのパイルベリーショットソックスがとても優れたアイテムだってことはお分かりいただけたのではないでしょうか?しかもそれが3足で990円(税別)なんですから、めちゃめちゃお買い得ですよね。

 

あまりユニクロのアイテムを買わない私ですが、今日は数少ないユニクロ購入アイテムをご紹介させていただきました。

 

ではでは٩( ''ω'' )و