読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こだわらないのが唯一のこだわり。

こだわらないのが唯一のこだわり…そんなブログ。

電子タバコのiQOS(アイコス)ユーザの皆様へ。それ臭いっす…

生活・知恵 社会問題

 

f:id:t-konishi4976:20160821142630p:plain

 

最近、喫煙者の間で話題になっているらしい、電子タバコ『iQOS:アイコス』

 

『火を使わないタバコ』としていま注目を集めているようだが、一体どういったものなのだろう。コンビニのレジ横などに堂々と鎮座している姿を見てはいたものの、私は非喫煙者なのでアイコスのことをよく知らない。

ということで少し調べてみることにした。

 


【アイコスのメリット】

1.火を使わないので火事の心配がない

アイコスは火でタバコの葉を燃やすのではなく、金属の板を加熱してその熱でタバコの葉をあぶる(?)ことにより水蒸気を出しているらしい。


2.臭いや煙が気にならない

火でタバコの葉を燃やすのではないため、煙が出ないとのこと。水蒸気が発生するものの臭いがほとんどないらしい。


3.有害物質が少ない

これまで火によってタバコの葉や紙を燃やすことで発生していた有害物質が、水蒸気になることで大幅(約90%)にカットされているのだとか。


4.副流煙が気にならない

喫煙者が吸う水蒸気が出るだけなので、タバコの先から副流煙が出ないらしい。


5.フレーバー(味)が選べる

カートリッジ(?)を交換すれば色んなフレーバーが楽しめるとのこと。

 

 

これまで喫煙者が文字通り『煙たがられていた原因』を、ことごとく排除した最新鋭のタバコと言うことなのか。なるほど、よく分かった!

 

 

しかしチョット待ってほしい。

先日、私はこんな体験をしたのだ。

 

それはお盆で実家に帰省した時のこと。

久しぶりに帰ってきた弟(私)となにか話をしたかったのか、兄が私の部屋のドアをノックした。そして入ってくるやいなや、急にタバコらしきものを取り出して口へ。それが私とアイコスとの初対面だった。

 

一見したところで電子タバコであることはすぐに分かった。火を付ける代わりに妙な装置に差し込みだしたからである。

タバコに関して兄は特に気を遣う性格で、これまで家族の前では絶対にタバコを吸ったことがなかった。そんな兄が取り出したタバコと妙な装置からして、『煙が出ないタバコ』ということは容易に想像がついた。

 

しかしだ…

 

煙は出ていなかったものの、「臭い!!」

そう、アイコスは臭いのです。

 

これまで普通のタバコを吸っていた方々にとっては、「臭いがなくて(少なくて)いいよね~」って話で正当性をアピールしたいのだろうが、これまで非喫煙者だった者にとってみれば、多少なりとも臭いものは臭いのです。

 

自分の体臭に気が付かないのと同じで、喫煙者はタバコの臭いに鈍感になっているだけであり、非喫煙者はどんな些細な臭いだって一瞬で嗅ぎ分けられます。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

そもそもですが、上記で挙げられているメリットの数々は喫煙者にとってのメリットであり、非喫煙者にとってのメリットではないのです。

 

1.火を使わないので火事の心配がない

2.臭いや煙が気にならない

3.有害物質が少ない

4.副流煙が気にならない

5.フレーバー(味)が選べる

 

そして、何より喫煙者に勘違いしてほしくないのは、喫煙者が嫌われている一番の理由が『臭い』であるということです。

 

2014年と少し古いアンケートだがコチラをご覧いただきたい。

 

嫌煙家がタバコを嫌う理由ベスト3】

第1位:臭い(51.3%)

第2位:煙(22.9%)

第3位:健康に悪い(19.7%)

マイナビニュースアンケート

 

喫煙者のみなさん、どうでしょうか。

あなた方がいくら「火を使わないから安心だよ~♪」とか「煙が出ないから迷惑かけないも~ん♪」とか副流煙出てないよ~プ―ッ♪」とか言ったところで、アイコスは臭い…。

 

そう、【臭い=迷惑】なのです。

 

みなさんのひた向きな努力には、心から敬意を表します。また昨今、会社でも路上でも、更には家庭でも肩身の狭い思いをされていることを私は知っています。だって私はバンドマンだから喫煙者の友達が多いのです。

 

でも、これだけは忘れないでほしい。

 

それでもiQOS(アイコス)は、臭い…ってことを。

 

 

 【関連記事】 

konitak.hatenablog.com  

konitak.hatenablog.com 

konitak.hatenablog.com 

konitak.hatenablog.com