こだわらないのが唯一のこだわり。

こだわらないのが唯一のこだわり…そんなブログ。

湘南に生息するナンパ師に学べ!ナンパは最強のビジネススキルだ!?

 

f:id:t-konishi4976:20160820180452j:plain

 

 

どうも、所長です(所長@はてなブログ )。

 

さて、ここは真夏の湘南、江の島海岸です(※写真はイメージです)

私は日本海側の出身ですので、これまで日本海の海でしか海水浴を楽しんだことがありません。ですから今日は、太平洋側の海水浴場をちょっくら調査しに参りました。

 

おっっと!

早速ですが、さすが湘南江の島のビーチですね。カラフルな生き物がたくさんいます。その多くは胸のあたりや腰のあたりが各々個性的な色に染まっていますね。あれは恐らくヒト科の生物のメス♀ですね。学名は『水着ギャル』といいます。

夏になると発情するので、ああして色んな色でオスをおびき寄せているんですね。

 

主な習性としては、2~5匹くらいで集団行動をしながら固まって生息しています。

夏場はこうして浜辺に出てくるのですが、基本的に海にはあまり入らず、陸でのんびりお互いにコミュニケーションをとったり自撮りしたりして過ごすことが多いですね。

主食はジャンクフードです。あとキリンの氷結が大好物なんですね。

 

 

あっ!

向こうからは同じくヒト科のオス♂がやってきましたね。

オスはメスと違って腰のあたりだけが色づいていますが、メスに比べるとずいぶん身体が大きくて黒々としていますね~強そうです。

オスはメスと違い学名をチョコボール向井といいます。

 

主な習性としては、メス同様に2~5匹くらいで集団行動をします。

しかしメスと違うのは、オスは一か所に留まっておらずウロウロと移動して生活していますね。これはより優秀なメスの遺伝子を探すための行動だと言われていますね。

主食はメスと同様にジャンクフードです。以前はビールを好んでいたようなのですが、最近の研究ではメスのように氷結とかZIMAとかを摂取するようですね。

 

それでは、このあたりでオスの行動を観察してみることにしましょう。

 

 

 

 

 

何度も挑戦する

おやおや、早速ですが目の前の2匹のメスに2匹のオスが近づいてきましたね。これは求愛行動、人間でいうところのナンパが始まりましたね。

ちょっと様子を見てみましょう。

 

あーーーっと!!これは失敗したようだ。残念、チョコ…。

 

あれ?でもまたすぐ目の前の別のメスに声をかけだしましたよ。切り替えが早い!

おっと…しかしまたしてもダメだったようですね。

 

あらあら!またまた別のメスにもう声をかけてる。一度や二度失敗したからって、オスはそう簡単にあきらめないんですね。凄いメンタルです!!

 

 

 

周りの目を気にしない

あの2匹のオス、さっきから全然いいメスと巡り会わないようですね。お陰でここらへん一帯のメスは、あの2匹のオスがウロウロするたびに笑っているようです。

「またダメだったんだね~www」と言わんばかりに。

 

でも2匹のオスはヘコタレませんね!

ヘコタレるどころか更に勢いが増して、片っ端から声かけまくっていますね。

 

過ぎていったメスのことなど気にせず、自分の目的のためだけにまっしぐら。

とても素晴らしい精神力と行動力ですね!!

 

 

 

入りは無難に

おっと!ようやく少し話を聞いてくれるメスに巡り合えたようですね。

これは面白い、観察を続けましょう。

 

へぇ~メスに対して「どこから来たの?」って話しかけていますね。

 

「二人で来たの?」

「江の島初めて?」

「日曜だし江ノ電込んでたよね~」

 

なるほど~無難で相手が答えやすいような質問をすることで、トークの回数を重ねようという作戦ですね。確かに初対面で答えにくい質問されても、メスだって困りますからね。確実に答えられるような低い位置から、徐々にハードルを上げていくんですね!!

 

 

 

共通点を探る

さっきから聞いていると、ひときわトークが盛り上がる瞬間がありますね。

あれはきっとオスとメスの共通点が見つかった証ですね。

 

「えっ!マジで!?俺らも東京から来たんだよ。ちなみに俺んち八王子~」

「あっ!この曲、湘南の風だ。俺メッチャ好きなんだ~!えっ!?マジで!!湘南の風好きなの?一緒じゃ~ん!!」

「ご飯食べてないの?俺らも~!お腹空いたよね~」

 

こうしてメスと共通の話題を探ることで、相手の警戒心を解いているんですね。

ヒトは何も知らない相手を警戒する習性がありますが、相手との共通点が見つかると自然と仲間意識みたいなものが芽生えてきて心が開き始めるんです。

こんな些細な共通点でも自然とそうなるから不思議ですね。

 

ちなみに「俺んち八王子」のくだりは、メスから「遠いし~www」というツッコミを入れてもらうためのテクニックですね。心を開いたメスからこうしたツッコミが入ればシメタものです!!

 

このオスなかなかのヤリ手かもしれませんね。

 

 

 

楽しさをイメージさせる

徐々にオスとメスのトークが盛り上がってきましたね。恐らくこの辺りからオスはメスを誘い出す行動を取り始めますよ。観察を続けましょう。

 

「海、入んないの?」

「なんで!?江の島まで来といて海入んないのってもったいないよ~!」

「えっ?泳げないの?大丈夫!大丈夫!俺ら浮き輪持ってっから!」

「今日、波高いから浮き輪でサーフィンできるよ!w」

「サーフィンしたことある?ないの!?じゃ~教えてあげるよ!」

「めっちゃ楽しいから!ねっ!じゃ~みんなで行こうよ!!」

 

なるほど~メスが体験したことのない楽しい遊びを餌にして釣ろうという作戦ですね。

でも浮き輪でサーフィンって意味がよく分かりませんね…恐らく浮き輪にハマったまま、ただ波に流されるというだけの話でしょう。

でも確かに今日はサーフィンができるくらい波が高いので、楽しい遊びができそうな気がします。

 

相手の好奇心を刺激して、メスの「それ楽しそ~やってみたい!」という感情をしっかりと掴むことができたようですね。

 

まずはナンパ第1関門突破です。

 

 

 

この瞬間を楽しませることに徹する

浮き輪サーフィンをひとしきり楽しんで、オスもメスも笑顔で帰ってきましたね。

どうやらメスを楽しませることに成功したようです。

 

おっと!

オスがメスのテリトリー(ビニールシート)に入ってきましたね。これは完全にメスがオスに対して心を開いた証でしょう。

 

すると1匹のオスが海の家でご飯を買って来ましたよ。

 

買って来たのは、お酒とロコモコのようですね。オス2匹なら焼きそばあたりで済ますんでしょうが、メスがいる手前ちょっと贅沢をしたようですね。

それが証拠にホラッ!エビとアボカドのサラダも付いています。メスはエビとアボカドが大好きですからね~まぁまぁのチョイスでしょう。

 

お酒が入ったせいかトークも盛り上がっているようです。

オスはメスを楽しませるのに必死なようですね。

 

 

 

無理に追わない

楽しそうな時間がかなり長く続きましたが、そろそろメスが巣に帰りたそうな仕草を始めましたね。どうやら東京方面の巣に帰るため、遅くまでいられないようです。

 

「どうする?一緒に帰る?」なんてオスからの押しに、メスは少々渋っている様子。

さぁ~メスはどうするか?

 

お~っと!LINEの交換を始めた~~~!!

どうやら今日はオスの巣に持ち帰ることができなかったようですね。

 

でも仕方ありませんね。今日は日曜日ですから、メスにも明日があります。

ここは無理に追うよりも次回につなげるべく、LINEの交換くらいで済ませたほうが無難でしょう。でもLINE交換できただけでも十分な収穫ですからね。

 

 

 

脈があれば一気に(性)交渉

今日が日曜日じゃなければ、また話の展開は変わってきていたでしょうね。

メスも充分に楽しそうでしたし、オスからの「どうする?一緒に帰る?」なんて誘いもまんざらでもなさそうでした。

 

もし今日が土曜日だったら、オスは一気に(性)交渉をたたみかけても良かったんじゃないでしょうかね。

 

それにしても、今回のオスはなかなかのスキルを持っていましたね!!

 

 

 

ナンパスキル=ビジネススキル

江の島の研究結果はいかがだったでしょうか?

私はこの研究はとても興味深いことだと思いました。なんせ江の島に生息するオスの求愛行動が、人間社会のビジネススキル、とりわけ営業スキルにそっくりなのです。

 

 

【何度も挑戦する】

お客さんに一度断られたとしても、諦めず再度挑戦する。

または別の見込み客を探して回る。

 

【周りの目を気にしない】

営業は周り(もしくは相手)からの目を気にして物怖じしていては始まらない。

まずは見込み客を捕まえるためのファーストコンタクトの数をこなす。


【入りは無難に】

いきなり商品の話題を出すのはNG。

まずは普通の会話をするように、誰でも話せるような話題を振る。


【共通点を探る】

普通の会話の中から共通点を見出し、少しずつ心の距離感を詰めていく。

客と店員ではなく、人と人との関係を構築していく。


【楽しさをイメージさせる】

お客さんは商品を「買いたくない」のではなく、単に商品のことを「知らない」だけ。

その商品を買うことで、どのようなメリットがあるか、どのような楽しい暮らしが待っているかなどをしかっかりとイメージさせてあげる。


【この瞬間を楽しませることに徹する】

お試しがある商品であれば、そのお試しを存分に楽しんでもらうことに徹する。

その際、下手に商品説明を詳しくしたりセールスをすると、楽しんでいる気持ちが一瞬にして萎えてしまう。

 

【無理に追わない】

少しでも購入に難色を示すお客さんに、無理に商品を進めてはならない。

商品を購入しない(できない)理由を聞き、解決策(別の商品・別の支払方法)を提案する。


【脈があれば一気に(性)交渉】
「買いたい」と思っているお客さんでも、最後一歩の勇気が出ない人もいる。

そういう人には「私から買えば安心です」という最後のひと押しが重要。

 

 

どうだろうか。

ナンパ師といって決して侮ってはならない。

彼らは最強のビジネススキルを持っているビジネスマンなのだ。

 

 

※この物語は半分フィクションです。