こだわらないのが唯一のこだわり。

こだわらないのが唯一のこだわり…そんなブログ。

携帯(スマホ)紛失の強い味方!!アンドロイドデバイスマネージャーの機能と使い方

 

f:id:t-konishi4976:20160820134353j:plain

 

 

どうも、所長です(所長@はてなブログ )。

 

さて、みなさんはスマホを紛失したご経験はおありでしょうか?

 

私は一度だけ経験があります。

大好きなB'zのライブを北海道まで見に行ったときのこと。『初北海道&ライブ』という非日常の雰囲気に飲まれてしまい、新千歳空港から札幌ドームへ向かうバスに置き忘れてしまいました…(;´・ω・)

 

幸いバス会社にちゃんと届いていたので翌日の空港で受け取ることができたのですが、ライブ中はスマホのことで頭がいっぱいになり100%楽しめなかったという苦い経験をしたことがあります。

 

スマホって昔のガラケーと違い、もはやパソコンの一種。

電話帳をはじめとした個人情報はもちろんのこと、写真やアプリ、ネットの履歴まで色んなデータが蓄積されていますから、これが悪意ある第三者の手に渡ってしまったと考えただけでも身の毛がよだちます。

 

そこでぜひ使っていただきたいのが『アンドロイドデバイスマネージャー』です。

 

アンドロイドデバイスマネージャーは、Googleアカウントを利用してパソコンなどからスマホの位置を特定し、色んな防犯対策がとれるという機能です。

 

今日はそんなアンドロイドデバイスマネージャーの機能と使い方をご紹介します。

(※今回はアンドロイドスマホを例にします。)

 

 

 

 

 

まずはじめに

Googleアカウントの取得と同期

アンドロイドデバイスマネージャーを利用するには、まずGoogleアカウントを取得して現在お使いのスマホにアカウントを同期する必要があります。

そちらの設定はスマホによって違ってきますので、個別にお調べ下さい。

 

スマホの位置情報はONに

アンドロイドデバイスマネージャーで位置を特定する場合には、スマホの位置情報(GPS)がONになっている必要があります。

 

 

 

機能と使い方

アンドロイドデバイスマネージャーを開く

1.Googleのトップ画面右上のGoogleアプリ」から「アカウント」を選択

f:id:t-konishi4976:20160820142422p:plain

 

2.アカウント情報ページを下にスクロールしてスマートフォンを探す」を選択

f:id:t-konishi4976:20160820142542p:plain

 

3.「ログインして開始」を選択

f:id:t-konishi4976:20160820142649p:plain

 

4.スマホに同期させているGoogleアカウントパスワードを入力してログイン

f:id:t-konishi4976:20160820142721p:plain

 

5.探したいスマホを選択

f:id:t-konishi4976:20160820142830p:plain

 

7.アンドロイドデバイスマネージャーのページが表示される

f:id:t-konishi4976:20160820142915p:plain

 

 

まずは着信音を鳴らしてみよう

スマホなくした!!」と思って焦っても、実は意外と「カバンの中にあった!」みたいなことってありますよね。なのでまずはスマホがあなたの周りにないか確認するためにも、着信音を鳴らしてみましょう。

 

1.「着信音を鳴らす」を選択するとマナーモードにしていても着信音が鳴ります。

f:id:t-konishi4976:20160820143309p:plain

 

 

スマホの位置を確認しよう

着信音を鳴らしても周りにない場合は、次にスマホの現在地を確認してみましょう。

学校や会社、または知り合いの家にあると言うことが分かれば、それだけでも安心ですよね。

 

1.「端末を探す」を選択

f:id:t-konishi4976:20160820144901p:plain

 

2.スマホの現在地が表示される

  ※スマホGPSをONにしていないと探すことができません

f:id:t-konishi4976:20160820144943p:plain

 

 

急いでロックしよう

スマホにロックをかけていない場合は、誰かに操作されてしまう可能性があります。

そんなときは遠隔操作でスマホにロックをかけてしまいましょう。

ロック機能は位置情報(GPS)がOFFの状態でも作動させることができますので、必ず設定するようにしてくださいね。

 

1.必要に応じ以下の設定をして「ロック」を選択

f:id:t-konishi4976:20160820150325p:plain

①:スマホを回収した後にロックを解除するパスワードを設定します

②:拾ってくれた人へのメッセージを任意で編集できます

③:例えば自宅の電話番号などを設定すると、拾ってくれた人が「所有者に発信」を してくれた際に自宅へ電話がかかってきます

 

 ※ロックがかかったスマホ画面

 

 

自分のスマホに電話をしてみる

これはアンドロイドデバイスマネージャーの機能ではありませんが、自分の携帯番号が分かる場合は電話をかけることで拾った誰かと通話できるかもしれません。

 自分の番号がGoogleアカウントに登録されていれば、「ハングアウト」「コンタクト」から探し出すこともできます。

f:id:t-konishi4976:20160820152133p:plain

 

 

スマホGoogleアカウントをログアウトする

「ログアウト」を選択することでスマホに同期しているGoogleアカウントからログアウトすることができるのですが、スマホ自体にロックがかかっているのでこの機能はあまり使うことがなような気もします。

f:id:t-konishi4976:20160820152820p:plain

 

 

携帯通信会社に連絡する

これはアンドロイドデバイスマネージャーの機能ではありませんが、もし紛失したスマホが回収できない場合にはお使いの通信会社に連絡して、SIMの通信を止めてもらう必要があります。この手続きは最寄りのショップ店頭などで行ってください。

f:id:t-konishi4976:20160820153015p:plain

 

 

忘れ物として届いていないか確認する

これもアンドロイドデバイスマネージャーの特殊な機能ではありませんが、もし紛失したスマホの位置が特定できない場合は、忘れ物として交番などに届いていないか確認したほうがいいですよね。

f:id:t-konishi4976:20160820153237p:plain

 

 

スマホ内データの消去

これは最終手段です。

スマホの位置や状況が全く特定できず、また回収できる見込みがない場合は、スマホ端末内のデータを消去してしまうことが可能です。

 

・「端末のデータの消去を検討する」を開き「はい、消去します」を選択

  ※全てのデータを消去できない可能性もあるそうです。

f:id:t-konishi4976:20160820153556p:plain

 

 

 

まとめ

スマホ紛失のリスクってかなり大きいですよね。

スマホにロックがかかっていない場合は、不正な通話やインターネット接続など、どんな風に悪用されるか分かりません。最悪の場合は犯罪に利用される可能性もありますので、しっかりブロックする必要があります。

 

スマホGPSがONになっていなくても、『ロック機能』は遠隔操作が可能です。

まずはしっかりとスマホの不正操作をブロックしましょう。

 

【遠隔ロックの3ステップ】

1.アンドロイドデバイスマネージャーを開く

  https://www.google.com/android/devicemanager?hl=ja

2.「ロック」を選択

3.ロック画面の設定

 

 

それでは。