読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こだわらないのが唯一のこだわり。

こだわらないのが唯一のこだわり…そんなブログ。

フジロックの持ち物は大丈夫?持っていくべき厳選20品

 

コニラボへようこそ!@CONi LABO

 

週末にフジロックを控えているっていうのに、新潟の天気予報は雨…。

マジでテンションが上がんないです。

 

しかしライブチケットも新幹線チケットも買っており、宿まで抑えているのでこればかりは行くしかない状況。ってか、こうなったら雨だろうが雪だろうが、全力で楽しんでやるつもりですが!(まぁ雪はないと思いますが)

 

ってことで、先日は『私的フジロックのしおり』を作成したので…

 


ってなことで、今日はフジロックへの持ち物を備忘録として書いておこうと思います。

 

f:id:t-konishi4976:20160718235523j:plain

 

 

 

フジロックへ【絶対にもって行くもの】

①各種チケット

f:id:t-konishi4976:20160718221612j:plain

フジロックのチケット(これは絶対忘れられない)

・新幹線、電車、バスなど交通機関のチケット(予約した人は忘れないで)

フジロックのチケットは当日券が販売されるようなのですが、24日1日券は既に完売とのことですから24日の当日券は期待しないほうがよさそうですね。

 

②財布(お金)

f:id:t-konishi4976:20160718221848j:plain

グッズや食事などお金を必要とするシーンは多いと思います。

出来れば事前に千円札や小銭など、ある程度崩しておいた方がよさそうですね。

 

③携帯・スマホ

f:id:t-konishi4976:20160718222508j:plain

フジロックが開催される苗場スキー場は山の中ですが、当日は移動基地局が設置され電波を受信できる状態にあるそうです。友人との連絡や調べものにも使えます。

またスマホがあれば時計やカメラの代わりにもなり便利ですよね。

 

④モバイルバッテリー

 とても便利なスマホですが、通話にカメラ撮影、ブラウジングなどをしているとすぐに充電がなくなってしまますよね。そんなときに必須なのがモバイルバッテリー。

現地には充電ブースもあるようなのですが、混雑が予想されることから自前で用意しておいた方がよいでしょう。

 

⑤レインウエア

毎年のように雨に降られるといわれるフジロックには必需品のレインウエア。

数百円の雨がっぱでは汗や湿気で蒸れるため、できればゴアテックス素材で作られた登山用のウエアがおすすめ。またバックパックを背負っている方には、バックパックごとすっぽり着られるポンチョタイプなども良いとか。

 

⑥防寒着・防寒グッズ

山の上ということもあり昼間は太陽に近いのでジリジリと暑いフジロック会場ですが、夜は一転して10℃くらいまで気温が下がるのだとか。

長袖の防寒着や防寒グッズは必ず持って行った方が良いでしょう。

私の知り合いは薄手のダウンジャケットを毎年持っていくそうですよw

 

⑦タオル

気温が上がれば汗をかきますし、雨が降った際にも活躍しそうです。

2枚くらいあると良さそうですが、最低でも1枚は持って行きたいところですね。

 

 

 

フジロックへ【なるべく持って行くもの】

⑧長靴

フジロックの会場で雨が降ると困るのが、足元の悪さだそうです。

元々スキー場であることから土がむき出しの地面が多く、ぬかるんだ路面を多くの人が行き交うので地面は田んぼのようなグジュグジュの状態なんだとか。

そこでフジロッカーが愛用するのが、日本野鳥の会が出しているバードウォッチング長靴。とても軽くてクルクル丸めて収納できることから、雨が降らなくてもカバンにいれておけるので重宝されているとか。

 

⑨日焼け止め

山の上ということもあり、日中の日差しの強さはかなりのもの。

肌が弱い方や日焼けをしたくない方は必需品。

 

⑩帽子

強い日差しを遮り、熱中症予防の対策に。

後頭部も日差しを遮られるように、アウトドア用のハットタイプが良いそうですよ。

 

⑪小さい折りたたみ椅子

 

 

フジロックは長時間屋外で過ごすことになります。

各休憩所は混雑が予想され、また場所によっては腰を下ろせないような地面の状況もあるそうなので、カバンにいれておいても負担にならないサイズと重さの折りたたみ椅子は重宝されるようです。

 

⑫腕時計

 

フェスではタイムテーブル毎にステージを移動する必要がでてきます。そんな時にいちいちスマホを取り出すのも面倒ですので、腕時計があると便利ですね。

 

⑬ポケットティッシュ・ボディペーパー

  

 

一日屋外で過ごせばそれなりにいろんな汚れにまみれてしまいますし、ベタついた汗を拭くのにもティッシュやボディペーパー・ウエットティッシュなどは重宝します。

また設置された仮設トイレには、かなりの確率でトイレットペーパーがなくなっていることがあるそうな…そんな非常時のためにも持っておくといいでしょう。

 

ジップロック

雨に濡れては困るスマホやデジカメなど、電子機器を入れておけば安心。

 

⑮ゴミ袋

会場でも無料配布されているようですが、ゴミ袋は使い方次第で色んな用途がありますから複数枚持っていると便利かも。

 

⑯保険証

慣れない環境での怪我のために。

 

 

 

フジロックで【あると便利なもの】

⑰虫よけグッズ

 

やはり山中の大自然の中です。虫もそれなりにいるでしょう。

 

⑱カイロ

 

夜の寒さ対策に持っておくと安心ですね。

 

⑲サングラス

 

日差しが強い日中は紫外線から目を守るためにもサングラスを。

 

⑳懐中電灯

 

夜は場所によって暗いところもあるとのこと。

 

 

 

まとめ

なにがともあれ大自然の中でのイベントです。まずは暑さ寒さ、そして雨の対策が第一でしょう。ここを怠ると、恐らくとんでもなく辛いフジロックの思い出になってしまいそう…

 

多くの方が参加されるイベントなのでお手軽感がありますが、普通に登山するのと変わらないような場所へ行くわけなので「これくらい大丈夫でしょ~」的な甘い考えは捨て念には念を入れた万全の準備で望んだ方が良いでしょう。

 

この一週間でしっかり準備をして、楽しいフジロックにしましょう♪

 

 

 

日本最大級のチケット売買サイト「チケットキャンプ」