こだわらないのが唯一のこだわり。

こだわらないのが唯一のこだわり…そんなブログ。

おっさん的フジロックのしおり

 

コニラボへようこそ!所長です。(@CONi LABO

 

さて、いよいよ来週末に迫ってきた音楽フェス

FUJI ROCK FESTIVAL'16』通称:フジロック

 

 

音楽人生22年の私ですが、実はフェスに参加するのは今回が初。

興味はあったものの「そういえば今までなんでフェスに参加しなかったんだろ?」って考えてみたところ…

  • そもそも好きなアーティストの参加が少ない
  • 好きでもないアーティストを見るためにお金出したくない
  • フェスのチケット代を好きなアーティストのワンマンライブに使いたい
  • フェス会場って遠いしアクセス悪いイメージ
  • 死ぬほど暑い
  • 雨降ったら最悪

 

そんなわがままな小僧だった私ですが、30も過ぎると多少は丸くなるものですね。

今ではフェスを目前に控えてこんな心持ちです。

  • 聴いたことのない色んな音楽と出会いたい
  • 遠さやアクセスの悪さも旅行だと思って楽しもう
  • その土地の自然や景色も楽しもう
  • 夏真っ盛りだから思いっきり日焼けてビールを飲もう
  • 雨に降られるアクシデントも楽しんじゃおう

 

ってことで、ライブ参戦というより旅行気分全開なので、自分なりの旅のしおりを作ってみることにしました。

 

f:id:t-konishi4976:20160715235513p:plain

http://www.fujirockfestival.com/

 

 

 

いざ会場へ!!

フジロックの会場は新潟県湯沢町にある苗場スキー場。

第3回の開催からずっとこの会場なんですよね。

会場の最寄駅はJRの越後湯沢駅

私は東京住みなので東京駅から新幹線で向かうことにします。

 

少し余裕を持って、8時に家を出発。

9時過ぎの新幹線に乗り、約1時間半の上越新幹線を漫喫しながら大好きなカツサンドで朝食ってとこでしょうか。

 

そして11時前に越後湯沢駅へ到着。

 

駅舎(2016年4月)
By 稚西P - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=49882080

 

越後湯沢駅から会場までは約22km。

到底歩いて行ける距離ではないので、ここはシャトルバスを利用しましょう。

往復で500円のシャトルバスに乗って、揺られること約30分。

 

いよいよ会場に到着です。

f:id:t-konishi4976:20160716002817j:plain

http://www.fujirockfestival.com/

 

 

 

フジロックの世界へ

さて、ここからは完全なる妄想ですwww

 

できれば本命アーティストのステージは前の方でもみくちゃになってでも見たいと思うので、荷物は必要最低限にしていきたいものです。

なので到着早々にコインロッカーか手荷物預かり所に置いていくとしましょう。

 

f:id:t-konishi4976:20160716011507p:plain

http://www.fujirockfestival.com/guide/faq.html

コインロッカー、及び荷物預かり所が場外ショップエリアにございます。

コインロッカー
料金¥500/24時間出し入れ可能
荷物預かり
料金¥1,000(1日/1個)出し入れ不可
《営業時間》
 7月21日(木):16時~25時
 7月22日(金)~7/24(日):7時~25時
  《注意事項》
 *貴重品・現金・危険物・われものはお預かり出来ません。
 *その他注意事項は現地でご確認ください。

引用:http://www.fujirockfestival.com/guide/faq.html

 

 

まずは敵を知ること

さて、身軽になったところで午前中は特に見たいアーティストがいないので、初フジロックの会場をグルグルと散策してみることにしましょう。

 

まずは会場の全体像を把握するためにも、一番最初に目指すのはココ(⇒矢印部分)

f:id:t-konishi4976:20160716012829j:plain

http://www.fujirockfestival.com/

DAY DREAMING and SILENT BREEZE

 

世界最長のゴンドラ『ドラゴンドラ』に乗ること20分。

山頂に到着すると、苗場の自然とフジロック会場の全貌を見ることができるそうです。

初めてのフジロック

まずは敵を知ることから始めようではありませんか!(敵じゃないけどw)

 

【 乗車料金 】
往復 大人 ¥1,500|小学生以下無料

【 乗車時間 】
9:15 - 17:00(7/22,23,24)
*往路上り最終は16:30です。ご注意ください。

【 チケット販売所 】
レッドマーキー入口およびドラゴンドラ乗り場にて乗車券をお求めの上、ご利用ください。

引用:http://www.fujirockfestival.com/stag

 

フジロック

ゴンドラで山から下りてきて、ウロウロしていればもうお昼時でしょう。

ここいらでフジロックをいただこうではありませんか。

20年も続くフジロックには名物がたくさんあるとは聞きますが、一体何を食べればよいのやら…とりあえずこの辺りに目星を付けておくとしましょう。

 

ところ天国:天国バーガー

f:id:t-konishi4976:20160716020559j:plain

http://www.fujirockfestival.com/news/pickup10.html

フジロックでは人気の定番グルメのひとつ。あまりの人気で3日目の夕方には売り切れになってしまうそうな…。

美味しさの秘密はコチラのサイトで詳しく書いてますよ。

fujirockexpress.net

 

 

ところ天国:森のハイジカレー

f:id:t-konishi4976:20160716020725j:plain

http://www.fujirockfestival.com/news/pickup10.html

チーズ、唐揚げ、温玉といろんなトッピングが楽しめるとして話題のメニュー。

プラス100円で大盛にできるそうだが、『男盛り』というさらに凄いものもあるとか…

 

 

苗場食堂

f:id:t-konishi4976:20160716021053j:plain

http://www.fujirockfestival.com/news/pickup10.html

新潟と言えば魚沼産こしひかり。

それをとろろご飯にして、上には納豆や温泉卵、お新香などをトッピングして食べるのがフジロッカーのド定番だとか。

芸人のハライチ:澤部さんがアメトークで紹介したことでも有名らしいですね。

 

 

新潟県旅館組合

f:id:t-konishi4976:20160716034656j:plain

http://www.fujirockfestival.com/news/pickup10.html

 ジャンクフードがひしめく中での、このバランス感。素晴らしいwww

新潟に来たからにはやっぱり魚沼産こしひかり。それを一番美味しくいただくには、やはりお味噌汁とお漬物でしょうか。

 

 

博多もつ鍋うみの

2014年にフジロックへ初出店し、翌2015年には『フェスごはん2015』の投票で第1位を獲得したという凄いお店。

苗場の夜はかなり冷えるといいますから、冷えた身体を温めるには最高の一品でしょうね。(昼間でもキンキンに冷えたビールと一緒に食べてみたいですが)

 

 

 

いざ本命アーティストのもとへ

腹ごしらえも終え、いよいよ本日のメイン。

本命アーティストのステージを見に行こうではありませんか。

今回、私が必ず見たいと思っているステージがコチラ!!

 

 

SOIL&"PIMP"SESSIONS 【WHITE STAGE 14:50~】


自らを『DEATH JAZZ-デスジャズ-』と呼んでいることからも、普通のジャズとは大きく一線を画したジャズバンド。私もそうでしたが、多くの人がジャズの概念を打ち砕かれたバンドではないでしょうか。

 

 

KEN YOKOYAMA 【GREEN STAGE 16:40~】


日本パンク界を牽引する重鎮の一人。

日本のみならず海外での評価も高く、日本人のパンクバンドが海外でも通用することを見せつけた草分け的な存在ではないでしょうか。

個人的にはパンクはあまり聞いてこなかったのですが、ケンさんのステージは見ておかないといけない気がしてます。

 

 

BABY METAL 【WHITE STAGE 18:10~】


今回の私の目玉、BABY METAL

実はBABY METALを見ること自体が初なんですよね。なので初フジロック&初BABY METALの『ダブル初』なわけです。

現在ワールドツアー中でノリにノッているグループですから、どんなパフォーマンスを見せてくれるか本当に楽しみでなりませんね。

ちなみにWHITE STAGEはステージ向かって左側が通路なので、ステージ右側が比較的見やすいそうです。従って今回は大神様(大村さん)の前あたりを陣取る予定DEATH!

 

 

RED HOT CHILI PEPPERS 【GREEN STAGE 21:00~】

私的に、フジロックのオオトリを務めていただくレッチリ

彼らの音楽は好きでかなり昔から聴いてきたのですが、彼らのステージも見るのは初。ロックの殿堂入りを果たした大御所のステージは、間違いなく今年のフジロック最大の盛り上がりになることでしょうね。

個人的にはチャドのドラムとフリーのベース、強烈なリズム隊のグルーブに思う存分酔いしれたいと思います。

 

 

 

宿泊へ

レッチリのステージ終了予定が、22時半ごろ。私のフジロックはこれにて終了となりますので、そろそろ帰りたいと思います。

で朝と同じシャトルバスに乗って、JR越後湯沢駅まで。

当然のことながらこの時間に東京へ帰れるはずもなく、その日は湯沢で一泊します。

 

しかしさすが日本最大級の音楽フェス。

かなり前から宿が埋まっており、近場の宿が取れなかったんですよね…

仕方なく少し離れたペンションを予約しました。

 

 

魚沼市石打。

越後湯沢駅から6kmも離れていますが大丈夫。予約したペンションには24時間の送迎サービスが付いており、夜中に帰ってきてもしっかりと送り届けてくれるんです。

なのでレッチリを最後まで見ていても安心ですね。

 

翌日は有給を取って帰京。

これにて私の初フジロックは終了となりそうです。

 

しかし何よりも心配なのが天気。

山の天気は変わりやすいそうで、フジロックは毎年のように雨が降るのだとか…

靴やカッパなどいろんな雨対策も考えないといけないので、やっぱり持ち物の準備が大変そうですね。

 

『しおり』とかどうでもいいから、早く持ち物を揃えなきゃ!!

 

 

 

チケット売買ならチケットキャンプ