読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こだわらないのが唯一のこだわり。

こだわらないのが唯一のこだわり…そんなブログ。

知らなきゃよかった…まさか『となりのトトロ』のメイちゃんがカマトトだったとは!?

 

コニラボへようこそ!所長です。(@CONi LABO

 

みなさん事件です!!

 

誰もが一度は見たことがあるであろう、スタジオジブリの名作となりのトトロ

 

そこに出てくるメイちゃんが『カマトト』だったとは、衝撃の一言です…。

 

 

 

カマトトとは…

 

いやいや…カマトト振ってる奴って、鼻もちならないですね!

 

 

 

メイちゃんとは

f:id:t-konishi4976:20160707005435p:plain

引用:https://www.q-movie.com/

 

メイ(草壁メイ)

草壁家の次女。

白いシャツにピンク色のオーバーオール。4歳[5]

姉のサツキと同じく親思い。

努力家で聞き分けのいい姉とは対照的に、聞き分けが悪く言い出したら聞かない頑固な性格。幼稚園には通っていない。

好奇心の強さや観察眼は姉以上で、初めて見た中小トトロを追ってトトロの棲家までたどり着いている。

物語の終盤、家からかなり離れた母の入院先へトウモロコシを届けようとして迷子になってしまい、サツキがトトロの力を借りて探しに出ることになった。

名前の由来は英語で五月を表すMayから。

トウモロコシをちゃんと言えずトウモコロシと言ったり、オタマジャクシをオジャマタクシと言ってしまったりする[6][7]

またこの作品では何もない所でよく転んでいて、大雨の中では転んだ拍子に服が泥だらけになったりするなど、幼児らしい所をしばしば見せている。顔のモデルは宮崎自身である[8]

引用:Wikipedia 

 

聞き分けのない頑固な性格が実に末っ子らしいですが、4歳という年齢からしてもそれが無邪気で愛くるしく見えるんですよね。

 

物語の中でも一家のアイドル的存在であることがうかがい知れます。

 

 

 

メイちゃんの名(メイ)言集

メイちゃんと言えば数々の名言を残していることで有名です。

その一部を挙げてみましょう。

 

 

「もう少しって、あした?」

お母さんの病院へお見舞いに行った帰り、お母さんがもう少しで退院できると聞いたときに言った子供らしい一言。

 

「メイ泣かないよ。えらい?」

突然の雨に降られて走り出すサツキとメイ。サツキのスピードについていけず思わず足がもつれてコケてしまったときの一言。

 

「メイ、怖くないもん!」

サツキとメイがお父さんとお風呂に入っているとき、突然の強風で家が壊れそうになったときの強がった一言。

 

「おじゃまたくし」

「メイが採ったトウモコロシお母さんにあげるの」

「おたまじゃくし」や「トウモロコシ」がうまく言えない可愛らしい一言。

 

 

無邪気で愛くるしいメイちゃんの言葉は、何気ない一言でも強く印象に残りますね。

 

 

 

衝撃の瞬間が…!!

そんな数々の名言とインパクトを残すメイちゃん。

私も何十回とこの作品を目にしていますが、メイちゃんの可愛らしさにはいつも心を癒されていました。

 

が、しかし…

 

ある時、テレビで放送されている映像を何気なく見ていると、メイちゃんが放った一言に私は思わず耳を疑いました。

幾度となく見てきた作品にも関わらず、「なぜ今まで気が付かなかったのか!?」と。

 

そこで耳にした一言により、私のメイちゃんに対するイメージが一瞬にして崩れ去ってしまったのです。

 

問題のシーンがこちら…

 

 

 

f:id:t-konishi4976:20160707015707p:plain

カンタのおばあちゃんの畑で、野菜の収穫をしているサツキとメイ。

そこへカンタが一通の電報を届けにやってきた。

 

 

f:id:t-konishi4976:20160707015858p:plain

電報はサツキとメイのお母さんが入院する病院からのもの。

収穫したばかりの『トウモコロシ』を持ったまま不安そうなメイ。

 

 

f:id:t-konishi4976:20160707020033p:plain

病院へ連絡をするため、カンタとサツキは電話のある本家へ向かう。

 

 

f:id:t-konishi4976:20160707020151p:plain

「メイちゃんはここにいなぁー!!」というおばあちゃんの静止を振り切り、サツキを追いかけるメイ。その手には先ほど収穫した『トウモコロシ』が。

 

 

f:id:t-konishi4976:20160707020326p:plain

10歳のサツキに追いつけるはずもない4歳のメイ。

それにしてもよく転ぶ…w

 

 

f:id:t-konishi4976:20160707020441p:plain

サツキとカンタを完全に見失ってしまったメイ。

 

 

f:id:t-konishi4976:20160707020623p:plain

勘を頼りにサツキを探して走っていると…

 

 

f:id:t-konishi4976:20160707020730p:plain

そこへヤギの登場!!

首輪をされていながらもメイのもとへ歩み寄ってくるヤギ…

 

 

f:id:t-konishi4976:20160707020800p:plain

「そのトウモロコシよこせよ!!」と言わんばかりにメイへ詰め寄るヤギ。

 

 

  • 大好きなお母さんが病院で大変なことになっているかもしれない
  • 頼りにしているお姉ちゃんも見失ってしまった
  • 一生懸命に収穫した『トウモコロシ』でお母さんの病気を治してあげたい
  • そのトウモコロシを奪おうとするヤギ
  • 「なんとしてでもトウモコロシを死守するんだ」という強い思い

 

 

そんな不安な気持ちとお母さんへの強い思いの間で揺れ動く4歳児の心。

そしてヤギに遭遇するという人生最大のピンチに陥ったメイ!!

 

 

 

そして放った一言はーーーッ!!

 

 

 

f:id:t-konishi4976:20160707022338p:plain

 

「これ、お母さんのトウモロコシだよ!!」

 

 

ん?トウモコロシ?トウモロコシ?

 

 

どうですか、みなさん…

完全に「トウモロコシ」って言えてるんですよ、コイツ!!

 

 

「おたまじゃくし」のことを「おじゃまたくし」と言ってみたり…

「トウモロコシ」のことを「トウモコロシ」と言ってみたり…

この前半戦のパフォーマンスってなんやったん?って感じでしょマジで…

 

 

人間やっぱり極限に追い込まれたときに本性って出ると思うんですよ。

 

アンケート上位にはこんな理由が並んでいます

  • 疲れているとき
  • 忙しいとき
  • 余裕がないとき

 

これ全部いまのメイちゃんに当てはまるでしょ!?

 

 

これはもう、序盤の言い間違いが完全なる演技だったとしか言いようがありません。

要はメイちゃんは「カマトト振ってた」ってことです!!

 

 

まぁ~この事実を知ったうえでメイちゃんを愛し続けるかどうかは、あなた次第。

でも、「やっぱり女は怖い」と痛感させられましたね。

 

 

みなさんも、ぜひ映像でご確認下さいwww